ついに出発の日を迎えました

明けましておめでとうございます。

 

「サウナ入ってると風邪ひかないらしいぜ!」

 

と、サウナ入りながら友達に豪語した日の晩に風邪をひき、そこから2週間ずっと風邪が治っていないオツベルです。

ee413c32-b629-4781-9168-b79558071e6f
クリスマスに高尾歩いた日の夜

 

出発は本日の夜です。

 

もう笑うしかない

 

ははははは

 

 

 

前回、えまちゃんのことを書きながら、これを書いたからにはもう一人書かなきゃいけない人がいるなと思っていた。

 

このブログではなぜか一度も名前が登場していないが、この人と初めて出会った時のことを、私は鮮明に覚えている。

 

5年くらい前 (いきなり曖昧)

 

 

当時まだ前の会社で働いていた私は何かイベントごとがあれば顔を出していたし、イベントに顔を出せば何かしら新しい出会いがあって今よりも少し世界がきらきら輝いて見えていた時期だった。

 

雑誌の編集、スタイリスト、カメラマン、ブランドディレクター、プレス、デザイナー、イラストレーター、、、、

 

出会う人すべてが、それまで自分が生きていたごくごく普通のOLの世界にはいなかった

 

「今まで出会ったことのない素敵な人」

 

「いけてる人」

 

に見えていた。

 

そして、そんな世界において、無知で無名で繋がっても何の得にもならない私のことを受け入れてくれて、仲良くしてくれることも心地が良かった。

 

それは雑誌GO OUTが主催する代々木公園で開催されたOUTDOOR WEEKENDというイベントに出展していたときのことだった。

 

Run Boys! Run Girls!という、トレイルランニングショップが主催しているトレランシューズの試履きエリアに顔を出した時だ。

全くトレランに興味を抱いていない時期だったのでチャラついてビール飲みながらおしゃべりしに行っただけだったのだが、その人もそこに来ていた。

 

その人と私との間には共通の友達が何人かいて、山にいった帰りにイベントに顔をだしていた彼を紹介されたのだった。

 

その人の第一印象といえば

 

関西弁をしゃべる地味な人

 

この一言に尽きる。

 

img_4513
それまでの関西人のイメージ

 

 

きらきらしているように見えていた世界に突如現れた関西弁をしゃべる地味な人

フリースタイルダンジョンに突如現れたDOTAMA

img_4520

太陽系でいうところの海王星

img_4522

コンビニ界でのポプラ

img_4519

 

ちょっといい例えがみつからなかったので無理やり3つ書いたけど、そんな感じである

 

ただこの関西弁をしゃべる地味な人は、このときからファストパッキングなどで山を楽しんでいて「自分でテントを担いで泊まりながら旅をする」ということに憧れていた私にとって、自分の憧れのアクティビティを楽しんでいる人なんだな~とは認識したのだった。

 

その後私とこの地味な関西人とが急速に仲良くなる、、、、というようなことはなかったのだが、エマちゃんとこの人が同じ関西出身ということもあり仲良くなり、よく一緒に山へ行ったことを見聞きするようになった。

 

そして、時とともに私の中でこの「地味な関西人」は「山に連れてってくれる優しい関西人」というポジションにふんわり格上げされ、実際に自分が縦走用のザックを買ったり、テント泊登山用のテントを買ったりしたときには、えまちゃんと一緒に山に行くのに付き合ってくれた。

 

そう、その地味な関西人が

この男マサシである

img_5874
特徴はメガネ

 

 

ことの発端は2017年1月のフロストバイトという横田基地のハーフマラソンである。

 

通常出入りすることのできない福生の米軍基地が解放され基地内の滑走路とかを走れるハーフマラソンで、レース前、やたらハイテンションなふくよかな外人のインストラクターと一緒にやる「ZUMBA」

img_4523

 

参加賞のめちゃくちゃダサいけど着心地だけはいいスウェット

img_4516

 

それがおもしろいからとまさしさんに誘われて2年連続で参加していた。

 

冬、朝起きるのがつらくて全く練習できずにレースに参加し、案の定8㎞地点で走るのに飽きた。

 

ゴールタイムは2時間06分

 

普段走らないからこれが速いのか遅いのかわからない、という人のためにコメントすると、

 

普通に遅い

 

言い訳でもなんでもなく、私の実力なんてこんなものなのだ。

 

最後はなすびの着ぐるみを着た人と話しながらなんとかゴールしたが、このなすびがいなければたぶんもっと悪いタイムだったと思う。

img_9045

 

その打ち上げで餃子を食べながらなすびとマサシとしゃべっていて

4月にエントリーしているレース(けっこうハードな63km)に出るのに全く練習しておらず、さらには秋にある信越五岳とい110kmのレースに出たいからペーサーしてくれというふざけた訴えをする私に

 

まさしさんは信越のペーサーを快く引き受けてくれるとともに、毎週1回、朝一緒に起きて閾値走という練習方法に付き合ってくれることを提案してくれた。

 

閾値走というのは、私も詳しく知らないし厳密にはやり方もぜんぜん違うと思うのだけど、いつもよりキツメのペースで30分間だけ走るという練習だ。

 

ただ、このキツメのペースというのが、足の遅い私にとってキツイペースであって、付きあって走ってくれるまさしさんにとってはいたって走りやすい普通のペースで30分走るだけなので、この練習はのちのちOL連という名に変わった。(OLに付き合って走る練習の略)

 

そしてこのOL連は、少しづつ形を変えながらも毎週水曜日朝7時半~1年間続くことになる。

 

そして週に1回OL練をしながら

OMMliteに出たり

.albumtemp-2

信越五岳に出たり

.albumtemp

青梅高水を3ループ走る練習に付き合ってもらったり

img_3649

私の出たITJ(伊豆トレイルジャーニー72㎞)に応援に来てくれたり

.albumtemp-3

1年間ずーっと練習に付き合ってくれた。

 

わたしにとっては今や優しいお兄ちゃんのような存在だ。

 

そして、何がどういうわけなんだか、マサシさんも明日から一緒にハワイに旅立つわけである。

私が走ることに全く興味を持たず日々麦味の炭酸飲料に身銭をつぎ込んできた時代から、山を走る、ということをはじめ、そして徐々に成長してきた過程をずっと見守り、支えてくれたエマとまさしさん。

そんな強力な2人(とバヤさん)と一緒に

いざ天国と地獄が待ち受けるハワイへと旅立ってまいるのであります!

 

アディオス アミーゴ!

 

オツベル

HURT100メンタルレッスン

こんにちわ、オツベルです

omm
先日のOMMで、一切地図を読まないくせに、レンズを向けられるたびに地図を読んでるふりをしていた時の写真です。

 

 

 

もう完全に週1回更新とか言ったことを後悔しています。

 

 

突然ですが、私は、本名の下の名前を「はるか」といいます。

なので、学生時代から86という数字を好んでいる。

 

これは、もう、完全に高校時代に流行った19の326に影響されているのだけども

20150212235906.jpg
エモい

 

ポエティックなものに感情を重ねる思春期が私にもあった

 

さて。

 

皆様トモさん(a.k.a100mile神)を覚えていらっしゃいますか。

どんな人かはこちらの記事を参照いただくとして

どうせ当たらないという罠 HURT100エントリー編

 

ラッキーなことに、この神の働いている会社と、私の勤務する会社は同じビルに入っている。

6階が神で、7階が私だ。

 

このラッキーを利用して、私は神からHURT100にどうやったら完走できるかの秘訣を聞こうと、ランチに誘いだすことにした。

 

そして神を誘い出すためメールでやり取りをしていると、

ちなみに数字は1〜10で何が一番好きですか?

 

と、突然聞かれた。

 

へ?神何言ってるの?おみくじかなにか?

 

と思ったのだが、私はAB型なのでいつものように

 

8か6ですね~、

 

と、答えた。

 

 

そしたらこんなものが送られてきた

 

 

【HURTレッスン1】
HURTは5周です。
先ずは5という数字を大好きになってください。
5という数字が好きか好きじゃないか、
5という数字を良く理解しているか、していないかではレースの命運を分けます!
何でも5回やってみるのも良いと思います!
例えば皇居5周やサウナに5回入るとか、ジュースを5本買うとか!
何でも5回やってみると5という数字が身体に染みつくので是非やってみてください!
以上。

 

 

 

私の回答関係ねぇぇぇぇぇぇぇぇ

 

 

 

と、とりあえず思ったが、よくよく聞くと、HURT100は3周目でリタイアしてしまう人が多いそうだ。そしてそのリタイアの理由は、メンタル的な要素が多いとのことなので、5回繰り返すことに慣れておくことは本当に大切らしい。

 

とりあえず神の啓示に従い、5という数字をよく理解する、という哲学的なチャレンジにトライしてみることにした。

 

 

 

とりあえず携帯の待ちうけを5にしてみた

 

 

正直あまり効果はない。

 

次に、今まで毎週水曜日の朝に、皇居を1周少し早いペースで走る練習をしていたのだけど、

赤坂日枝神社の周りをぐるぐる5周する、という練習に変えた。

 

神社の周りを掃除している社人さんと10回くらいすれ違うのでそこそこ気まずいことがわかった。

 

 

そして朝駒沢公園3周するランニングは5周に変えた。

同時に、公園までの行き帰りを自転車に変える自分の怠惰ぶりを学んだ。

 

 

サウナも3ループだったのを5ループに変えた。

サウナおばちゃんたちの人間関係が垣間見れるようになった。

 

 

さすがに缶ジュース5回買うのは気が狂ってるとおもわれそうなのでやっていない。

 

 

そして、この生活を初めて始めてみて、ほかにもわかったことがある。

 

 

 

2度あることは3度あるかもしれないし、

仏の顔も3度までなら保てるし、

2回失敗しても3度目の正直はあるかもしれないけど、

 

5度はない。

 

 

 

後輩が同じミスを2回したらまだ許せるけど、3回目でおっと、そろそろいい加減にしてくれよって思うし、5回繰り返したら、え?なんなの?無能なの?ってなりませんか?

私はなる。

 

自分の過去の栄光をいつまでたっても飲み会で語り続けるおじさんに、2回までは、えー!すごーい!って言えるけど、3回目はそれもう聞いたよ、、、他に話ないのかよ、って思うし5回されたら

え?なんなの?まじでそれ以外ネタないの?だったらちょっと黙っててもらえませんか?ってなりませんか?

私はなる。

 

 

 

3日坊主という言葉からも、3回繰り返すことや、3回耐えることははそんなに難しいことではない。5回、という回数は、3回よりも格段に断然、もうそれはけた違いでしつこいしだるいのだ。

 

 

 

 

 

同じことを5回繰り返しているときのメンタルはこんな感じである。

 

1 フレッシュな気持ちや~

2 え、これほんとに5回もやるの?終わるの?なんなの?

3 え、まだ半分なの?まだ2周も残ってるの?なんなの?

4 ていうかほぼもう終わりだわ

5 ラストや~

 

 

もうね、2と3が超絶うざい。はてしない。

 

ということで、

 

結論:

5を深く理解しようとしたら、2と3がめちゃくちゃ嫌いになってきた。

 

(けど、3を超えると精神的に格段に楽になります)

 

 

 

はじめて人のためになることを書けた気がします。

 

以上。

 

オツベル

なぜ、いま、ブログなのか

こんにちは、オツベルです。

Processed with VSCO with a6 preset

今年の夏に八ヶ岳全山縦走中に足の裏がファイアーして死にかけた時の写真です。

ブログというものが流行り始めてもうずいぶん時間がたちましたよね。

私は今まで、ブログをやってみようかな〜と思ったことは何度もあるし、なんならこっそり書いてたこともあるんだけど、残念ながらまじで3日坊主で終わることがほとんどで

 

 

ああ、3日坊主って私のための言葉かもしれない…

 

 

って思ったりしてるくらいなんですが、

 

じゃあ、なぜ、いまさらブログはじめちゃったのか。

 

ライターとかブロガーを目指してる

 

…違います

 

自意識を持て余している

 

…違います

 

妙齢を迎え、こじらせた思いを吐き出す場所がほしい。

 

…違い…あながち否定もできない。

 

まぁ、簡単にいうと、わたし、

 

年明けにハワイに行くんですよ。

 

は?って思った人

 

まあ待ってくれ。

 

HURT100

 

っていう160kmのトレイルランニングのレースに出ることになったんですよ。

 

へ?なにそれ?おいしいの?

 

て思った人。

 

実はわたしもです。

 

The Hawaiian Ultra Running Team’s Trail 100-Mile Endurance Run

正式名称なんて正直どうでもよい。

 

とにかく私は、年明けハワイを160km走る。

 

なぜなのかはよくわからない。

 

トレイルランニングに限らず、

英検はいきなり1級は受けないし、

柔道は白帯からだし、

新入社員は名刺の渡し方から習うし、

ズボンを履く前にパンツを履くし、

人間はやがて死ぬ。

 

 

どの世界にも順序ってものがある。要するに、経験積んで満を持して挑戦!!

てやつが、160km走る人に求められてる段取りだと思うのだ。

 

 

 

わたし、全然、満を持してない

このままじゃ絶対完走できない

 

とにかく、謎のくじ運を大爆発させてエントリーができてしまった。

(このレースの出走権はくじで決まる)

 

 

しかも。

 

走るのは展示会の真っ只中。

 

私、コロンビアっていうアウトドアアパレルでMDっていう仕事をしておりまして、

年に2回展示会があるんですよ。

 

展示会は展示会でも

芸能人とかモデルさんがinstagramの中で

●●ブランドの展示会でオーダーつけましたー💓

って言ってるキラキラしたやつじゃなくてね、

 

海外ではOTSって呼ばれてて

すなわちOrderを Takingする Show

簡単に言うと半年間の会社の売り上げを決める大事な催し物なんです。

 

 

芸能人とかまるで来ない。

照英くらいしか来ない。

 

 

そんなものが開催されている中、わたし、ハワイで160km走るんですよね。

 

気が触れてるとしか思えないですよね。

多分そうなんだと思います。

 

けど、エントリー権が当たったのが8月。いまが10月末。

ずっと悩みに悩んでて

わたしHURT100走ります!って宣言がなかなか出来てなくて

 

半分くらいは、会社の上司に

 

展示会に出ないなんてダメだから行くな

 

って言われないかなぁ〜

なんて、走らない責任をなすりつけることすら考えていたのだが、

 

意を決して上司に

 

海外レースにチャレンジしたいんです…!(展示会中に)

 

って伝えてみたら、意外にも

 

俺は仕事よりも自分のプライベートでやりたいことを優先するべきだと思うよ。

プライベートがあっての仕事だと思うし、俺みんなの人生の責任なんて背負えないしさ、好きなことやりなよ。

行ってもいいんじゃない。

 

って言われて、

 

 

……ふぇ?

 

ま、まじで?

 

…思ってたんと違う!!(めっちゃいいやつやん…!!)

 

 

ってなった。

そんで、その勢いでこのブログ書いてる。

 

 

ということで、晴れて無事にHURT100に参加できることになりました。

残り2カ月で何ができるのか甚だ謎は深まるばかりなのですが、

2ヶ月間のチャレンジの軌跡を残していこうと思います。

練習とか対策とかよくわからないので、

周りのいろんな人の知恵をあてにしながら

その知識をここで共有しつつ、Road to HURT100編を書き始めようと思います。

DSC01645 ほ、ほんとに行けるのかなぁ、ハワイ。。。

(写真は沖縄)

オツベル